KITAMURA HOLDINGS

Company
企業情報

キタムラ・ホールディングスの
ビジョンや沿革などの会社情報をご確認いただけます。

Corporate Vision

世界を代表するフォトライフ・カンパニー

キタムラ・ホールディングスは、カメラ販売(新品・リユース)、写真プリント、
フォトブック、撮影(こども写真館・イベント撮影)など写真関連の
各サービス領域において高いマーケット・シェアを有し、
新宿 北村写真機店をフラッグシップに全国1000店舗以上のリアル拠点と、
オンラインサービスを融合した事業を展開する、
世界でも類を見ないフォトプラットフォームを有する企業グループです。

今後は各フォトプラットフォームと多くの顧客接点・データを活かして、
すべての世代のそれぞれのライフスタイルに応じたフォトサービスを提案して参ります。

代表 メッセージ

代表 写真

人の大切な瞬間に寄り添う企業を目指します

記憶を記録することは人間のみがもちうる文明です。記録の先に価値を見出すことが文化です。
2019年4月、「世界を代表するフォトライフ・カンパニー」を旗印に株式会社キタムラ・ホールディングスは設立されました。
当社グループは写真に関する専門店として「カメラのキタムラ」や「スタジオマリオ」といった国内最大の店舗網を有する株式会社キタムラを筆頭に、写真プリントのECサービス「しまうまプリント」を提供する株式会社しまうまプリント、プロカメラマンによるイベント撮影写真のECサービス「オールスポーツコミュニティ」や「スナップスナップ」を運営する株式会社フォトクリエイトなど、写真関連の各サービス領域において高いマーケット・シェアを有しています。また、2社のラボ会社(写真関連生産拠点)があり、イメージング製品の製造において国内最大級の規模を誇ります。
これら写真・映像に関する各事業領域において品質・規模の両面でNo.1のサービスを提供できることこそが、「世界を代表するフォトライフ・カンパニー」への推進力です。
デジタル技術が隔世の進化を遂げ、カメラが携帯電話の付属機能となったことで、写真を撮ることは生活の一部となり、コミュニケーションの手段にまでなりました。それでも、カメラによって記録されたその一瞬の価値が軽くなったわけではありません。むしろ動画を含めた写真を撮るという行為は、さらに意味をもち、進化し、深化しようとしています。若年世代ほどにフィルムカメラに興味をもち、高画質よりもアナログの優しい雰囲気の写真を求めているトレンドを見ても、日常化しつつある行為に意味をもたせたいというニーズがさらに強くなりつつあることは明らかです。
「カメラのキタムラ」が高知に創業した1934年から長い時間が経ちましたが、変わらないのはお客様からいただいた信頼と、写真文化に対する真摯な姿勢と自負しております。社会が企業に求める形が大きく変わりつつある現在も、創業以来の価値基準は変わりません。わたしたちは大切な「思い出」「記憶」を写真や映像というカタチにするお手伝いをすることで「とき」を映し、ご本人、関係者、世のなかの人々の心が満たされ、繋がる、そんな社会を実現していく企業でありたいと思っております。

代表取締役 社長執行役員

武田 宣

会社概要

会社名
株式会社キタムラ・ホールディングス
代表取締役
社長執行役員
武田 宣
主な事業内容
グループ会社の経営管理、ならびにそれに付随する業務
本社所在地
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-16-6 新宿タツミビル3階  050-1741-4130
設立
2019年4月
資本金
100百万円 (※2021年3月31日時点)
主要株主
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 / インテグラル株式会社及びその関連ファンド
連結子会社数
10社 (※2021年3月31日時点)
従業員数(連結)
8,186人 (パートアルバイト 5,708人含む) (※2021年3月31日時点)

役員紹介

取締役

執行役員

沿革

1934 〜
1934
3月
株式会社キタムラ

高知県高知市堺町(現在のカメラのキタムラ堺町店)に「キタムラ写真機店」として創業

1943
5月
株式会社キタムラ

株式会社北村商会 設立

1970
4月
株式会社キタムラ

商号を株式会社キタムラに変更

1976
9月
株式会社キタムラ

岡山県の倉敷市の郊外に、現在の郊外型「カメラのキタムラ」1号店を出店

1980 〜
1983
6月
株式会社ユー・シー・エス

創業

1985
3月
株式会社キタムラ

事業の効率化を目的に、ラボネットワーク事業部を株式会社ラボネットワーク(現連結子会社)として分社設立

1990 〜
1993
3月
株式会社ラボネットワーク

こども写真館のスタジオマリオ事業部を開設

1998
2月
株式会社キタムラ

輸入商品の拡大を目的に株式会社小田通商(現連結子会社 株式会社キタムラトレードサービス)を設立

1999
7月
株式会社キタムラ

デジタルカメラの拡大に伴い、「デジタルミニラボ」の導入を開始

2000 〜
2001
10月
株式会社キタムラ

日本証券業協会店頭市場登録

2002
1月
株式会社フォトクリエイト

インターネット写真業を目的として東京都杉並区に創業

2003
4月
株式会社フォトクリエイト

全国各地のイベント写真販売サイト『フォトチョイス』サービスを開始

7月
株式会社フォトクリエイト

アスリートのための写真販売サイト『オールスポーツコミュニティ』サービスを開始

2004
12月
株式会社キタムラ

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

2005
4月
株式会社キタムラ

株式会社キタムラが株式会社ラボネットワークが1993年から展開していた「スタジオマリオ」を営業譲受

6月
株式会社キタムラ

株式会社東京証券取引所市場第二部に株式を上場

2006
10月
株式会社キタムラ

カメラのキタムラにTポイントを導入

12月
株式会社フォトクリエイト

スクール写真販売サイト『スナップスナップ』サービスを開始

2007
2月
株式会社フォトクリエイト

東京マラソン2007(第一回大会)においてオフィシャルフォトサービスとして参画

7月
株式会社キタムラ

営業基盤の拡大とサービス業としての業態の発展を目指し、株式会社ピーシーデポコーポレーションと合弁会社 株式会社キタムラピーシーデポ(現連結子会社 株式会社KCS)を設立

2008
3月
株式会社しまうまプリント

ダブルヴィジョン株式会社(鹿児島県鹿児島市)にて、「インターネットプリント」サービスを開始

4月
株式会社ラボ生産

株式会社ラボネットワークが、事業の効率化を目的として生産部門を株式会社メディアラボNEXTとして会社分割により設立。その後、社名を株式会社ラボ生産に変更

2009
1月
株式会社キタムラ

競争力の強化、経営の更なる効率化を目的とし、キタムラを存続会社として、株式会社カメラのきむら、ジャスフォート株式会社及びスナップス販売株式会社を吸収合併

2010 〜
2010
5月
株式会社しまうまプリント

鹿児島県日置市にしまうまプリントシステム株式会社を設立

2012
2月
株式会社キタムラ

株式会社キタムラがApple正規サービスプロバイダ認定を取得しAppleサービス事業を開始

9月
株式会社キタムラ

企業ブランドの統合の推進及びネット販売と店舗販売の相乗効果を図るために、株式会社ピクチャリングオンラインを吸収合併

2013
7月
株式会社フォトクリエイト

東京証券取引所マザーズに上場

2014
2月
株式会社フォトクリエイト

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)と資本提携

6月
株式会社ラボネットワーク

株式会社フォトクリエイトとスクール事業において業務提携

7月
UXENT株式会社

設立

2015
2月
株式会社フォトクリエイト

株式会社ラボネットワークと業務提携

2016
2月
UXENT株式会社

「moovinカード」の販売開始

10月
株式会社フォトクリエイト

台湾に子会社「創星影像股份有限公司」を設立

11月
株式会社フォトクリエイト

CCCが株式会社フォトクリエイトをTOBにより100%子会社化

12月
株式会社しまうまプリント

CCCがしまうまプリントシステム株式会社の株式を譲受け、100%子会社化

2017
5月
株式会社キタムラ

CCCと資本・業務提携契約を締結

8月
株式会社フォトクリエイト

動く思い出『スナップスナップ×moovin』の販売開始

2018
11月
株式会社キタムラ

CCCが株式会社キタムラをTOBにより100%子会社化

2019
2月
株式会社キタムラ・ホールディングス

CCCが株式会社キタムラ・ホールディングス(当社)を設立

4月
株式会社キタムラ・ホールディングス

キタムラ・ホールディングスグループによる新経営体制の発足

7月
株式会社キタムラ

新宿に旗艦店となる「新宿 北村写真機店」をオープン

2020 〜
2020
4月
株式会社しまうまプリント

「株式会社しまうまプリント」「株式会社しまうまプリントラボ」に分社化

2021
3月
株式会社しまうまプリント

株式会社CCCフォトライフラボを吸収合併

4月
株式会社KCS

設立

6月
株式会社キタムラ・ホールディングス

CCCの連結子会社から持分法適用会社に移行

グループ企業